HOMEすべての記事部位別の原因と治し方顎ニキビができる原因と正しい治し方

部位別の原因と治し方

顎ニキビができる原因と正しい治し方

顎ニキビができる原因と正しい治し方

厳選!おすすめニキビケア

顎ニキビは、大人ニキビの主な特徴です。
一度できるとなかなか治らず、そのまま色素沈着として跡が残りやすいものになります。

顎ニキビの原因

思春期にできるニキビの主な原因は、過剰な皮脂の分泌によるものです。
これとは違い、顎ニキビの原因には、ストレスや不規則な生活、偏食、ホルモンバランスの乱れなど多くの理由が絡んでいます。

内面の複雑な理由に上乗せするように、お肌の変化も原因となります。

加齢や紫外線ダメージにより、お肌は水分不足による乾燥肌へと変化していきます。
さらに、新陳代謝の低下により、肌表面には古い角質が蓄積されていきます。

これらの原因がお肌を硬くさせてしまい、ニキビが治るどころか、ますます悪化させてしまいます。
そこへ寝不足が加われば、できたニキビは強い炎症を起こし、皮膚が凹むクレーターや色素沈着となってしまいます。

今以上に悪化させないためにも、顎ニキビの正しい治し方を知りましょう。

内面を整えることが必須

IMG_6153l
まずは、内面を整えることが必須条件です。

不規則な生活の方は、少しずつリズムのある生活にシフトチェンジしていきましょう。

現代では仕事に忙殺されて、慢性的な寝不足の方が多くいるでしょう。
そのため、睡眠時間は限られると思います。
そんな方は、就寝時間と起床時間を毎日なるべく同じにしましょう。
睡眠時間が短くても、ここを整えることでリズムのある生活になります。

そして、偏食は避けて、栄養バランスの良い食事を摂りましょう。
毎日の食事が、健康な体とお肌をつくっています。
スキンケアでの治し方にも、さまざまなものがあります。

まずは、ピーリングの化粧品を取り入れましょう。
ジェルなどの洗い流しのタイプが効果的です。
使い始めは1週間に1回のペースにして、慣れてきたら1週間に2~3回のペースにしましょう。
日頃からピーリングを取り入れていれば、生理前のニキビに悩むことも減ります。

そして、化粧水はビタミンC誘導体やプラセンタが配合されたものを選びましょう。
ビタミンC誘導体は、皮脂のコントロールをしながら、色素沈着などお肌を美白する効果があります。
プラセンタは、新陳代謝を高めたり、美白や保湿効果がある成分になります。

ヒアルロン酸やセラミド配合の美容液

そして、水分力のある美容液を取り入れて、しっかりと保湿をしましょう。
ここで間違えてはいけないのが、油分の保湿をしてしまうことです。

顎ニキビに油分を与えると、よりいっそうできやすくなります。
そのため、ヒアルロン酸やセラミドが配合された美容液を選びましょう。
目元・口元の乾燥が気になるのであれば、その部分にだけ乳液やクリームを塗りましょう。
スキンケアでは劇的に変わることはないので、最低でも1ヶ月~3ヶ月は使い続けましょう。
正しい治し方を実践することで、顎ニキビを改善・予防をすることができます。

まずは、できることから少しずつ始めてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事を読む