HOMEすべての記事部位別の原因と治し方なかなか治らない顎ニキビはどうやって改善すればいいの?

部位別の原因と治し方

なかなか治らない顎ニキビはどうやって改善すればいいの?

なかなか治らない顎ニキビはどうやって改善すればいいの?

厳選!おすすめニキビケア

なかなか治らない顎ニキビは、いくつもの原因が入り組んでいます。
忙しいあまりに睡眠不足であったり、ストレス過剰でホルモンバランスが乱れているのも原因です。

食生活も栄養が不足していたり、洗顔のし過ぎや皮膚の乾燥など、かなり複雑になってきます。
ですからいつまでも治らないという事態にも陥りやすいです。

しかし決して治らないわけではないため、生活の中で改善をしましょう。

すぐには治らない顎ニキビと男性ホルモン

ホルモンがアンバランスになると、顎ニキビは増えますし、簡単には治らなくなります。

生理前にもニキビはよくできますが、これは黄体ホルモンの影響であり、男性ホルモンの働きと似ています。
体内では男性ホルモン分泌が多くなれば、皮膚にもニキビは出来やすくなります。

ホルモンバランスを整えることが必要ですから、食事の改善から開始しましょう
女性ホルモン分泌を誘導する食材を、毎日の食事に取り入れることです。

顎ニキビが治らない時にはお口のチェックも

いつまでも顎ニキビが解消しないのは、虫歯のせいかもしれません。

お口の中に虫歯ができると、ガスや膿といった良くない物質が歯根から出ます。
これは毛穴にもマイナスの影響があって、ニキビは発生しやすくなります。

お口の中に虫歯があり、口周りや鼻の周りにもニキビがあるなら、虫歯が引き金になっていることが考えられます
状態が良くないと歯科治療も時間がかかりますから、歯医者へ行って虫歯を治しましょう。

顎ニキビは普段の何気ない仕草にも気をつけること

いつまでも治らない顎ニキビは、いつもの癖が原因である可能性があります。
仕事でのデスクワークでもそうですが、頬杖をつく癖がある人は、改善をすることです。

トイレに行っても、食事の前にも手を洗いますが、すべてのものにはたくさんの細菌がついていて、すぐに手にも付着します。
デスクや携帯電話、パソコンなどもですが、それは生活には支障はないことです。

しかし細菌のついている手で、無意識に顎に触れていることも考えられます。
頬杖をついたり、癖で顎を頻繁に触っていれば、細菌は顎の肌へと移動しますから、ニキビができやすくなります

顔のパーツの中でも、顎はあまり発汗がありません。
手で顎に触れるほど、顎の皮膚にとっては刺激になるので、これもニキビのできる原因になります。

無駄に顎には触れないことが大切なので、しばらくは意識をすることです。
デスクワークで、頬杖をつかないことを気にしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事を読む