HOMEすべての記事部位別の原因と治し方顔意外の場所にニキビができる原因と予防法

部位別の原因と治し方

顔意外の場所にニキビができる原因と予防法

顔意外の場所にニキビができる原因と予防法

厳選!おすすめニキビケア

体の中でも、顔は一番目に付くところなので、スキンケアにも気を使い、ニキビができないよう対策をしている人は多いでしょう。
けれどもニキビは顔以外にもできるものです。

肌を露出する夏場や、パーティーでドレスを着用する時などのためにも、顔以外の体にできるニキビについて、原因や対処法を知っておきましょう。

体ニキビの原因について

まず顔以外でニキビができやすい箇所ですが、背中、胸、おしりなどが多く挙げられます。
特に背中はタンクトップやドレスなどの着用時に目立ってしまうので、気をつけたいところです。

肌トラブルは、皮脂や古い角質などによって毛穴詰まりが起きることから生じますが、体の肌トラブルの場合、その原因として考えられるのは、体の洗いすぎによる肌の乾燥です。
肌を石鹸で洗うと、本来必要な皮脂まで洗い流してしまうことになり、乾燥肌が進んでしまい、肌トラブルの元となってしまいます。

入浴時にシャンプーやボディーソープが十分に洗い流されず、その成分が残ってしまいがちなことも、原因の一つとして挙げられます。
またおしりの場合は肌が蒸れやすく、長時間座ることなどによって刺激を多く受けることが、原因として考えられます。
他に、ストレスやホルモンバランスの崩れなども、肌トラブルの原因となりやすいです。

対処法

imasia_810712_M-009
一旦発症してしまったら、専用の薬品や化粧水などの化粧品を使って治すことになります。
その際大切なのは、肌を保湿することにより、乾燥から守り、肌理を整えることです。
それが十分になされない限りは、肌トラブルは再発を繰り返すことになりかねないからです。

その上で、専用の薬品の中から症状にあったものを選び、炎症を抑えましょう。
特に赤みのあるタイプのものは、すでに炎症を起こしている状態なので、注意が必要です。
その場合は抗炎症作用のある薬品を選ぶようにしましょう。

ニキビ予防のために日頃から気を付けておきたいこと

大切なのは、肌を清潔に保つことです。
汗をかいたら、肌着などはまめに取り換えるようにしましょう。
また枕カバーやシーツなど、肌に触れる機会が多いものも、こまめに洗濯した方がいいです。
シャンプーなどのすすぎ残しがないよう、入浴時には体を十分に洗い流すことも重要です。
肌にとって必要な皮脂まで洗い流さないためにも、時には石鹸を使わずシャワーだけで体を洗うにとどめることも、肌の乾燥を防ぐためにはよいでしょう。

入浴後には、顔だけではなく、体にも化粧水やボディークリームをつけるなどして、保湿をするようにしましょう。
ただし胸や背中は皮脂が多く分泌されがちなので、ボディークリームを使う場合は、油分の多いものは避けた方がいいです。

また肌に余分な刺激を与えないためにも、自宅にいる時や就寝時などには、体の締め付けのないゆったりとした衣服を身につけた方がいいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事を読む