HOMEすべての記事ニキビの基礎情報顎ニキビや背中ニキビができる原因は違う?できる場所別、ニキビの原因と正しいケア方法

ニキビの基礎情報

顎ニキビや背中ニキビができる原因は違う?できる場所別、ニキビの原因と正しいケア方法

顎ニキビや背中ニキビができる原因は違う?できる場所別、ニキビの原因と正しいケア方法

厳選!おすすめニキビケア

ニキビは顔を始めとして手足や背中、あごなどいろんな場所に出来ます。
どれも赤くぽつんと皮膚の上に出来てしまいますので、どれも同じような症状に見えるのですが、出来る場所によっても原因と対処方法などが変わってきます。

鏡などを使って出来ている場所を良く確認してから治療を始めましょう。

あごにできたニキビ

思春期の頃には思われニキビなどと呼ばれて淡い気持ちを抱いたこともあるかもしれませんが、大人になってからあごに出来ても困ってしまうだけという人も多いでしょう。

この周りは一度出来てしまうと意外に何度も繰り返してしまうので、とても気になっているのではないでしょうか。
原因としては、ホルモンバランスの崩れや婦人科系の疾患で出来てしまうことがあります

生理前は男性ホルモンが優位になりがちですから、肌の新陳代謝が上手くいかずに毛穴汚れやつまりを起こします。

また、体の冷えなども関係してきますし、メイクを落とすのが完璧でなかった場合なども発生しやすい環境となります。

背中にできたニキビ

背中も出来やすい部位の一つです。
元々皮脂の分泌が盛んな場所なのですが、皮膚の角質層も厚いだけでなく衣服でこすれたりするなど刺激も多いですし、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境でもあります。

それに、清潔にしようと思って毎日入浴をしている場合でも、ボディソープや石鹸などの洗浄成分が綺麗に落としきれていなくてそれが背中に残ってニキビになってしまうこともあるぐらいです

洗浄成分には合成の界面活性剤などのいろんな成分が含まれていて、それも皮膚に刺激を与えてニキビを頻発させる原因となります。

清潔な状態を保って保湿も

あごもそうですが、ターンオーバーをするのに時間がかかるので一度出来てしまうと他にも出来やすくなり、跡にも残りやすくなってしまいます。

基本的にはしっかりと洗顔フォームなどは泡立てて洗っていきます。
あご周りもぬるま湯で泡が残らないようにすすぎます。

元々汗などもかきにくく毛穴も発達していないので、ちょっとした刺激や皮脂の分泌が多くなるというだけでもすぐにニキビが出来てしまいます。

清潔な状態を保つだけでなく、保湿も行って乾燥させないように気をつけましょう

ストレスなどでホルモンバランスが崩れたりした時にもあごに出来やすいですから、リラックスなども出来るようにしてストレスを溜めないようにしましょう。
慢性化している場合には診察をしてもらってホルモン療法などもしながら早めに治していくようにして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事を読む