HOMEすべての記事ニキビの基礎情報大人ニキビと思春期ニキビの違いについて※それぞれに適したケアが大切です

ニキビの基礎情報

大人ニキビと思春期ニキビの違いについて※それぞれに適したケアが大切です

大人ニキビと思春期ニキビの違いについて※それぞれに適したケアが大切です

厳選!おすすめニキビケア

大人ニキビと思春期ニキビは原因がそれぞれ異なり、できる箇所にも違いがあります。
まず思春期ニキビについては、思春期である10代に出るのが特徴的です。
原因としては、成長期に伴うホルモンバランスの乱れや生理の始まり、ストレスなどさまざまな体の変化が起こると同時に、男女関係なく男性ホルモンが過剰に分泌されることで、皮脂が急激に体内から出てくるようになります。
主にできる場所は、額全体から鼻先にかけての部分でTゾーンと呼ばれる箇所です。
ここは皮脂の分泌がとても活発な上に毛穴が詰まりやすくなっている場所で、思春期ニキビの特徴とも言えます。

洗顔や薬でケアしましょう

また、デコルテと胸の間の汗がたまりやすい部分にもニキビができやすく、心身ともに健康な男女であればこの程度のニキビが出来ることは病気でもなんでもありません。
ただ、ニキビに悩みすぎてつぶしてしまったり引っ掻いたりしてしまうと若いうちから跡に残ってしまうので、洗顔や薬でケアすることを心掛けると良いです。
これとは別に大人ニキビの特徴としては思春期の頃と同じく男性ホルモンの分泌が原因になることもありますが、社会人になってストレスを溜め込むようになったり、お肌のターンオーバーが乱れてきて角質が厚くなってきたりと原因がざまざまな部分にあると言われています。

大人ニキビの原因について

ニキビ跡女性
特定された原因はわかりませんが、思春期ニキビを経験してこなかった人で大人ニキビになってしまったという人も意外と多いので、10代の頃は肌が綺麗だったという人でも油断はできないかもしれません。
ニキビができやすい場所としては、主に顔の下側で、頬からあごにかけての部分で、もっとできる人だと首筋のほうまでできたりします。
男性ホルモンの分泌が原因と紹介しましたが、あごなどは男性は髭が生え、女性も同じくらいの皮脂を出すためにニキビができやすくなっているのです。
いずれにしても20歳を過ぎると、男性ホルモンの分泌はストレスが原因であることが多く、ストレス社会で働く我々にとっては大敵だと言えるでしょう。
角質ケアや抗酸化ケア、入念な保湿、そして何よりストレスを溜め込まず発散することを意識すると、肌質が改善できるはずです。

まとめ

世の中にはさまざまな口コミや美容エステ、クリニック、化粧品などが溢れていて、実際に何を使用したら良いのかわからない人も多いでしょう。
年代それぞれのニキビの原因をしっかりと理解して、今の自分に合ったケアの方法を取り入れてみることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事を読む